トップ > 声優オーディションについて > 声優オーディション前の練習も重要です

声優オーディション前の練習も重要です

声優デビューを目指して、声優オーディションに挑戦したい方もたくさんいますが、自分ではうまく声が出せていると判断していても、プロから見た時に、もっと改善できる部分が見つかる場合があります。
視野を広く持ち、練習を続けていくことを考えて、養成所に通って、学んでいくことも大切なことです。
養成所で学んで、しっかりと準備をしてから、声優オーディションに挑戦をする方もたくさんいます。
実力を最大限に発揮できるようにきちんと準備を整えてから、オーディションに挑戦する事によって、チャンスをつかめる可能性が高くなる方もいます。
タイミングも重要ですし、本番までに、しっかりと練習をして、レベルアップを目指して頑張れるように努力をすることも必要なことです。
若い方など、まだ経験不足の方もいるため、しっかりと基本から練習をすることも大事なポイントです。



仕事のきっかけとなる声優オーディション

声優という仕事は専門学校や養成所を経て、声優事務所に入って契約をします。
しかしその後の仕事のきっかけは、最初のうちは声優オーディションを受けるのが基本です。
また活躍している有名な声優でも受ける場合もあり、大きな映画やアニメなどのキャスティングになります。
ですから声優事務所に入ってもオーディションは当たり前で、この積み重ねがキャリアになっていく仕事になります。
その為にオーディションに受かることが大事で、そのためには必要書類やボイスサンプルの作成がポイントになっています。
まずは必要書類は経歴を書いた書類、そして写真は全身とバストアップになります。
宣伝材料になる写真でもあるので、プロのカメラマンに撮影してもらうのがコツです。
またボイスサンプルは声をテープにいれるもので、声優としての本領発揮できるアピールになります。



テープとスタジオがある声優オーディション

声優オーディションの方法には、大きく分けると2つのオーディション方法があります。
テープとスタジオによるオーディションで、テープオーディションは参考材料に合わせた声を録音して送るスタイルになります。
アニメであればキャラクターの絵があるので、その絵にあった声を録音するようになります。
このテープオーディションは事務所の機材で録音してもらい、役作りなどもアドバイスをもらうことができます。
またスタジオオーディションは最終審査であることが多く、クライアントの人たちの前でアテレコをするスタイルです。
スタジオの声優オーディションでは、柔軟性や臨機応変さがとても必要になります。
必ずオーディションにあるのが指示変更される事で、指示を受けてから瞬時に対応しなくてはいけません。
集中力や対応力も必要なオーディションです。

次の記事へ

PAGE TOP