トップ > 声優オーディションについて > 声優オーディションを受けるときの注意点

声優オーディションを受けるときの注意点

インターネットや雑誌にはオーディション募集があり、アイドルやタレントそして声優の仕事もあります。
声優オーディションには目的が違い、スキルやキャリアなどの応募条件もあります。
オーディションを受けるためには注意点があり、当日には時間や場所そして服装などに気をつけないといけません。
就職をするときと同じで面接する時間厳守で、遅くても10分前には到着するようにしなくてはなりません。
また面接会場への行き方も確認しておくのが必要で、きちんと駅やバス停などを調べておくことがポイントです。
そして声優オーディションでは着ていく服装も大事で、清潔感があり印象のよい服装を心掛けます。
また声優オーディションの前日は早めに寝る事、食べ物や飲み物にも気をつけるのも必要です。
喉や体を刺激する食べ物は避けることが大事になります。



声優オーディションの自己アピール法

就職や転職そしてアルバイトなど、仕事の面接では自己アピールが大事です。
仕事には学歴よりも専門スキルが必要で、キャリアなども自己アピールで表さないといけません。
声優になりたい人の声優オーディションでも、一次審査で実技を二次審査で面接や質疑応答があります。
二次審査の面接や質疑応答では自己アピールがあり、自己アピールにはポイントをおさえる事が大事です。
まず意外性やギャップというアピールがあり、これは見た目とは違う印象で驚かせることです。
また趣味や特技を披露するのもオーディションに多く、体を使ったり歌を歌うといった事は印象に残ります。
また最近では声優オーディションで物まねをする人もいて、アニメや映画のワンシーンを声真似する人もいます。
そして長くならないよう簡潔にまとめる事、また人柄や性格が伝わるアピールがコツです。



声優オーディションで見られる点

声に特徴がある人がいますが、声を活かせる仕事に声優があります。
最近は若手声優の人気度が高まっていて、歌やダンスをしてコンサートも行います。
アイドルのような人気があることから、声優になりたい若者がどんどん増えています。
声優になるには声優オーディションを受けて、養成所に入ったりキャストの座を掴まなくてはいけません。
このオーディションで面接官が見るポイントは、一番に声優としてのスキルや技術を持っているかを見ます。
オーディションのタイプによって見方が変わり、求められる能力にも違いがあるのを知っておくことも大事です。
またスキルや技術でどんな実績があったかも見られ、今までのキャリアに関する事も見られたり聞かれたりします。
そして声優オーディションでも人柄が大事で、その人だけが持つ個性や魅力がチェックされます。

次の記事へ

PAGE TOP