トップ > 声優オーディションについて > 声優オーディションの基本的な流れ

声優オーディションの基本的な流れ

アニメや映画などの声優は憧れの職業で、今若者たちには声優を目指す人が増加しています。
しかし声優になるには知識と技術が必要で、プラス声優オーディションに合格しなくてはなりません。
そこでオーディションの基本知識は大事で、基本的な流れも知っておくことも必要です。
まずはオーディションを探したら申し込みをしますが、応募条件があるタイプも多く年齢や経験などがあります。
履歴書などの応募書類の他にも、顔や全身写真を提出するようになり写真も必要です。
次に声優オーディションで大事な実技試験があり、テキストリーディングといわれるものがあります。
また面接官とのフリートークをするテストもあり、ここでは自己アピールやセルフプロデュース力が試されます。
最後に面接になり普通の仕事で聞かれる質問と同じですが、少し変わった質問をされる事もあります。



声優オーディションの色々な種類

声優オーディション募集というのを見ることが多く、つい誰でも声優になれるのではと勘違いしがちです。
このオーディションには様々な種類があり、中には誰でも応募ができるものもあります。
しかし声優としての知識や技術が身についているのが条件で、中には素人では受けられないタイプもあります。
まずオーディションには養成所に入るためのタイプがあり、専門学校でいえば入学テストに当たります。
また養成所には特待生制度があると、費用が免除されるオーディションもあります。
他にもアイドルで声優もできるタイプや、タレントで声優もかねているタイプの発掘タイプがあります。
ここまでは素人でも受けることができる声優オーディションで、それ以外にプロが受けるタイプもあります。
プロが受ける声優オーディションは、声優事務所やキャスティングタイプになります。



キャスティングタイプの声優オーディション

声優になりたい人はまず学校や養成所で、専門スキルと技術を学ぶことが必要です。
全くの未経験であれば専門学校がおすすめで、誰でも入学ができる事や一から教育を受けることができます。
また専門スキルや技術があれば養成所がおすすめで、声優事務所が運営している学校になります。
養成所では声優オーディションを受けてから入学で、入所できれば卒業後は事務所と契約する事もできます。
声優事務所と契約ができればすぐ仕事がもらえるのではなく、アニメなどのキャスティングオーディションがあります。
またキャスティングオーディションは、大手の事務所やパイプのある事務所は有利になります。
このアニメなどのキャスティングオーディションは、事務所のマネージャーに連絡が入ります。
そしてマネージャーが選んだ人だけが受けることができ、アニメのキャストが獲得できます。

次の記事へ

PAGE TOP